bf959feb7fcdd0a0633ab6a0a50aa1b5_m

保険が使えるのと使えない整体はなんで

体の痛みを取る施術をしてくれるところに、整体院や接骨院がありますが、同じような施術を行うのに、接骨院は健康保険が使えるのに、整体院では使うことができません。

そもそも、接骨院と整体院は、違うものであるためです。

接骨院は、整骨院や骨接ぎと言われていますが、整骨院を開業するには、柔道整復師という国家資格が必要になります。柔道整復師の資格を取るには、国が認定した専門学校で3年間技術や知識を学び、国家試験に合格しなければ柔道整復師になることができません。

柔道整復師が行うことができる施術は治療として国から認められているため健康保険を使用することができます。接骨院では、骨や関節、筋肉の損傷に対して効果的な施術を行うことで、元の健康な状態へ回復させるため、怪我を治す治療として認められているのです。
また、原則として西洋医学の理論に基づいて行う医療行為であるため、国から認められているのです。

ただ、接骨医院で健康保険を使うためには条件があり、整骨・接骨院で健康保険が使えるのは、脱臼や骨折、捻挫、打撲、挫傷などの急性のケガだけで、柔道整復師が症状を判断し、患者も健康保険の利用を希望すれば使用することができますが、そのマッサージを主体とする施術は認められていません。

骨折と脱臼の場合も、応急処置のみで、治療ができるのは医師だけになり、緊急の場合を除き、医師の同意が必要になることがあります。このような取り決めに従いながら、接骨院では健康保険を使用することができるのです。

接骨院に対して、整体師は国が認める国家資格ではなく、民間資格です。資格を取得しても医師ではないので、整体師は病気を診断する、検査を行うことなど、医療行為に当たる行為をすることが禁じられています。

そのため整体院は、体の歪みや骨や筋肉のバランスを矯正するための施術を行う施設であるとみなされ、怪我を治療する施設ではないという認識をされており、整体は東洋医学の理論に基づいている部分が多いために、健康保険が適用できないとされているのです。

整体師は民間資格であるため、国が資格や施術内容をしっかりと把握していないため、接骨院のような治療が行われているかわかりません。そのため、国民の財産である健康保険を使用することができないのです。

ですが、整体院の場合は、急性の痛みではなく、慢性の肩こりや慢性腰痛、骨盤や背骨のゆがみ、頭痛などの症状を改善する施術ができるというメリットがあります。