整体でも保険使えますって書いてあるよ?

加齢の伴い増えてくる肩こりや腰痛、膝の痛みなどのために整体の施術を受けに通っている人も多いでしょう。
しかし一回行くと3千円から5千円かかリます。
保険がきかないので施術代の支払いが高額になります。
整骨院や鍼灸院では保険の適用があるのに整体はなぜ適用しないのでしょうか。
それは整体の施術をしてくれる「整体師」が国家資格でなく民間の資格だからです。
何の知識も技術もなく開業する人はいませんが、開業するにあたって国家資格が必要ないのです。
接骨院、整骨院の柔道整復師、鍼灸院の鍼灸師は国家資格です。
その国家資格を有して開業をする人が事前に厚生労働省に届け出を出しているから適用するのです。
歯医者や病院など医師という国家資格があるところでも保険が使える病気や症状と使えない症状があるのと同じで、整骨院、接骨院や鍼灸院でもどんなものにも適用するというものではないのですが、決められたものに関しては使えます。
たとえばスポーツなどで起きた脱臼や骨折などの場合は適用しますが、日常的に訴えるような肩こりや腰痛などには適用しません。
鍼灸治療では神経痛、リウマチ、ぎっくり腰などの腰痛症、五十肩、頚腕症候群、頸椎捻挫後遺症の6種類に関してのみですが適用されます。
ところが整体院ではどんな場合も使えません。
だからスポーツ障害によるけがやぎっくり腰など急性の痛みに襲われたときには整骨院や鍼灸院に行くことで安く済むでしょう。
それでも整体でも保険を使えますと書いてあるところもあるとすれば、それは柔道整復師などの国家資格を持った人が交通事故や骨折などのけがを治すことも含めて整体も行っている場合でしょう。
慢性的な肩こりや腰痛など日常生活に支障が出る場合、高額な費用を支払ってでも痛みがとれるとうれしいものです。
また日ごろの姿勢の悪さや加齢などで骨格がずれているために体調不良が続き、病院に行ってもよくならない場合には整体に行って施術をしてもら宇ことで骨格矯正がされて体調がよくなるならうれしいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です