自費と保険での違いは

現代の日本では国民が全員、国民保険に加入することが義務付けられています。
これによって不慮の事故や病気などで病院に通わなくてはならなくなったというような場合であっても、自費での負担を大きく減少させることができ、国民の健康増進に大きく寄与することとなったのです。
ですがこと整体という分野に限っては「必ずしも保険が適用されるわけではない」ということに注意が必要です。
いくら国民保険制度に加入をしていたとしても、整体では自費負担になってしまうことがあるのです。
ではその違いはどこにあるのかというと、これは「事故やケガなど、整体を利用する正当な理由があるかどうか」ということになるのです。
整体に通うという場合にはさまざまな理由が考えられます。
例えば交通事故に巻き込まれてしまって骨折したというような場合や、スポーツをしているときに捻挫を起こしてしまった場合、日々の仕事の中で腰痛を抱えてしまった場合などです。
整体の場合、骨折や捻挫といったような場合には自費負担を少なくして整体を受けることができますが、そうではない日々の仕事による腰痛などの場合は自費負担になってしまうことが多いのです。
とはいえ、この「正当な理由があるかどうか」ということについては時に判断が難しいこともあります。
仕事が原因で腰痛を抱えてしまったという場合であっても、もしその腰痛が疲労蓄積によって病気・ケガが発生しているために痛みを生じているというのであれば、整体治療を3割負担で受けることができる可能性があるのです。
こうした判断については個人で勝手に行うのではなく、それぞれの診療所などで専門家から判断を受けるようにしましょう。
また整体院の中には保険適用ができないというような場所もありますから、施術を受けたいという場合には事前に、これから自身が利用しようとしている施設がどういった施設なのかということを確認しておくことが必要になりますので、ここにも注意するようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です