自費での診療は条件適用外だから

整体に行こうと思った場合、保険が使えるものと使えない整体があることを知って、疑問に思う人は多いはずです。
基本的に、整骨院、接骨院などでは保険を使うことが出来ますが、整体院では使うことが出来ません。整骨院、接骨院の場合は、国家資格である柔道整復師が開業しています。つまり、接骨院や整骨院での施術は、治療とされているのです。傷んだ骨や筋などを治すことは西洋医学とされているため、整骨院、接骨院での治療は医療行為とみなされます。そのため、保険診療を行うことが出来るのです。
しかし、整体院で施術を行う施術者は、医師ではありません。国家資格を持っていないので、医療行為は禁止されています。整体は東洋医学的な考え方に基づいているものであり、いたんでいる患部を治すというよりも、身体全体の血の流れやバランスを整えたりする施術が主です。そのため、自費診療となってしまうのです。
但し、整骨院、接骨院での施術が必ず医療行為をみなされ、保険適用になるという訳ではありません。腰痛やぎっくり腰、肩こりなどは条件適用外になり、自費診療になることが多いです。保険診療となるのは、怪我をしたり事故にあったりした時のみです。骨折、打撲、脱臼、ねんざ、肉離れ、などが対象となります。但し、骨折と脱臼の手当には医師の同意が必要となってきます。これらの症状以外の肩こりなどの場合は、接骨院や整体院で受診しても、保険は適用されないので、注意が必要です。
また、中には、接骨院、整骨院であっても、保険をまったく適用しない院もあります。ケガ、事故の人しか施術することが出来なくなるため、あえて自費での施術のみを行っている院もあるのです。そのため、施術してもらうために行こうと思った時は、念のため、接骨院や整骨院であっても、保険が適用されるのかどうか、確認してみた方がよいでしょう。
肩こりや腰痛などの場合は保険が適用されませんので、整骨院、接骨院、整体院のどこで受診しても同じということを知っておくようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です