保険適用は条件がある

保険適用される整体院には、国家資格である柔道整復師の資格を持っている先生がいることが条件となっており、厚生局に、健康保険の取り扱いを届けでていることが条件となっています。整骨院と呼ばれている委員でも、柔道整復師の資格を持っている者が開設をしており、一般的には保険がきくシステムとなっています。整体院と呼ばれているところは、保険がきくことは基本的にはありません。保険適用がなされる治療に使用する機械の指定や、手技の内容に関しては、特に決まりはないのが特徴となっていますので、治療の内容はさまざまです。実際に、保険適用になる症状は、患部を痛めたきっかけのある肩こりや、腰痛、関節痛などを伴った怪我です。患部を痛めたきっかけがどのようなことであっても可能となっています。スポーツを行っていた際に痛みが生じた場合や、歯磨きを行っている時に肩に走った痛み、朝、目が覚めた際に首の痛みを感じた場合など、日常生活を送る上で生じた痛みは全て適用されることとなります。肩こりやだるさなど、痛めた原因のないものは適用されませんが、肩こりに内科的疾患がない限りは、原因があると考えられます。そのため、原因を特定することができれば、肩こりでも適用されることがあります。また、柔道整復師は、医師ではないため、医療行為は行うことがありません。薬を使っての治療や、投薬、レントゲン検査などは行うことはありません。整体にて保険を適用する場合は、骨折や脱臼に関しての応急処置の他は、ねんざや打撲、脱臼などを改善する施術を行います。整体での保険治療というのは、三ヶ月ほどとなっており、保険適用の回数などが決まっているため、長期に渡って治療が必要となった場合には、保険がきかなくなる場合があります。原因が分かっている痛みであっても、完治まで長期間かかる場合には、注意が必要です。初診の際に、完治するまでのおおよその期間を聞いてみることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です