保険が使えると思ってたから

スポーツや交通事故で打撲や捻挫、挫傷などのケガを負ったり、むち打ち症などで後遺症が懸念されるとき、整形外科での治療以外に有効と考えられている整体。
症状によっては施術の長期化が予想されるだけに保険が使えると医療費の負担が少なく済むので助かりますが、整体術師の資格は民間資格ではないので医療とは認められず自費治療となります。つまり医業類似行為の一種であり、診断を伴う診察は禁じられていますし、投薬の指示もできません。
いっぽう、ここ最近、厚生労働大臣認可の国家資格を持つ柔道整復師が営む整骨院において、整体を組み合わせた治療プランを見かけますが、気をつけなければならない点があります。国家資格である柔道整復師による施術で保険が適用されるのは、打撲や捻挫、挫傷などの治療および骨折や脱臼などの治療に限られます。もし整骨院における整体やマッサージで保険が使えるようであれば、それは明らかに柔道整復師の違法行為となりますので注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です