カテゴリー: コラム‐整体と保険のイロハ‐

整体は保険が使えませんとはっきりしてほしい

整体は身体のゆがみを整えてもらい、病気や身体の不調を整えるものです。多くの身体の不調はゆがみから来ているものも多く、施術によって改善を促します。
整体でよく疑問に思われるのは、保健が使えるかどうかということです。整体師は民間資格であり、医者ではないので、医療行為を行うことは出来ません。レントゲン撮影や病気の診断もすることが出来ません。
東洋医学に由来する要素が多いため、直接損傷部分を治す治療では無く、バランスを整える施術というように見られているので、保険が使えません。
よく混同して勘違いされるものに整骨院がありますが、整骨院は国家試験に合格した柔道整復師が行うため、保険を使うことができます。ただし、脱臼・骨折・ねんざなどの急性のケガだけで、マッサージを主体とする施術には使えません。
整体の施術で明らかに不調が治ったと感じる人もいますので、整骨院とどちらが優れているかという問題ではありませんので、はっきりと保険が使えないと説明することが必要です。

自費でしか受けないってとこもあるな

整体院の中には、自費でしか治療を受け付けてもらえないところもあります。
まず、整体院は、国家資格がなくても仕事を行っていくことができるのですが、国家資格がないと治療を行うことができませんので、保険も使えません。
一方で柔道整体師などの国家資格を持っていれば、体の機能を改善できる機器を使ったり、痛みが起こっている部分に直接的な施術を行えますので、保険を利用することができるのです。
自費でしか施術を受けないところに通ってしまうと、充分な技術を持っていないスタッフから施術を受けることになり、施術後にトラブルが起こる場合もありますので、注意が必要となってきます。
とくに、寝違えたり腰を痛める等、体にゆがみが起こっている場合には、体全体の状態を考えて施術を行う必要がありますので、保険が利用できるところを利用してみるとよいでしょう。
また、スタッフが国家資格を持っている整体院を優先的に見つけていくこともおすすめになります。

保険が使えると思ってたから

スポーツや交通事故で打撲や捻挫、挫傷などのケガを負ったり、むち打ち症などで後遺症が懸念されるとき、整形外科での治療以外に有効と考えられている整体。
症状によっては施術の長期化が予想されるだけに保険が使えると医療費の負担が少なく済むので助かりますが、整体術師の資格は民間資格ではないので医療とは認められず自費治療となります。つまり医業類似行為の一種であり、診断を伴う診察は禁じられていますし、投薬の指示もできません。
いっぽう、ここ最近、厚生労働大臣認可の国家資格を持つ柔道整復師が営む整骨院において、整体を組み合わせた治療プランを見かけますが、気をつけなければならない点があります。国家資格である柔道整復師による施術で保険が適用されるのは、打撲や捻挫、挫傷などの治療および骨折や脱臼などの治療に限られます。もし整骨院における整体やマッサージで保険が使えるようであれば、それは明らかに柔道整復師の違法行為となりますので注意が必要です。